MVNO サービスの利用を考えている方へのご注意とアドバイス

総務省のサイトにて「MVNO サービスの利用を考えている方へのご注意とアドバイス」がpdfにて提供されております。

4 月 13 日、独立行政法人国民生活センターが、格安スマホに関するトラブル相談が急増しているとのことで注意喚起を促す報道発表を行いました。
今般、その報道発表を踏まえ、また、総務省からの要請も受け、“格安スマホ”や“格安SIM”を提供する MVNO のサービス(以下「MVNO サービス」といいます。)の利用を考えている皆様が安心して MVNO サービスをご利用頂けるよう、以下のとおり、チェックポイントをまとめましたので、ご活用ください。
 私のブログでは格安SIMを紹介させて頂いておりますが、月々の支払いが少なくなると喜んで契約した後、こんな筈で無かったと後悔しない為にも総務省の下記、チェックポイントをチェックし納得して契約しましょう。

乗り換え『チェックポイント』

□ 料金・提供条件
月額料金だけでなく、解約条件や解約金の有無、通信制限など、重要事項説明書や事業者のホームページをよく読み申込み内容を確認しましょう。
⇒ 通信サービス以外のサービス(例:メールサービス)など、キャリアが無料で提供しているサービスが有料であったり、提供されていないケースがあります。

●契約年数の縛りが有るか無いかの確認を行いましょう。契約年数の縛りが有る場合はより一層契約に熟考が必要です。
●キャリアメールは一般的に格安SIMでは使用できません、GmailやiCloudメール等を使用するのが一般的かと思います。筆者はキャリアメールは既に必要性を感じていませんが・・・
□ 端末
事業者が提供する SIM カードとセットで販売される端末以外の端末のご利用を検討されている場合は、事業者において動作確認済みかどうか必ず確認しましょう。
⇒ SIM フリー端末でない場合は、SIM ロック解除が必要となることがあります。またキャリアのブランドで販売されている一部の端末には、SIM ロック解除が行えないものがあります。
 ●SIMカードのみの契約で現在お持ちの端末をそのまま使おうと思っている方は、現在契約中のキャリアにてSIMフリー端末なのか?そうで無い場合SIMロック解除が可能か確認しましょう、またその端末が移行先のMVNO業者にて動作確認済みか乗り換え崎の業者ホームページで確認しましょう。




□ SIM カード
ご利用予定端末の SIM カードサイズを確認しましょう。
⇒ SIM カードのサイズは端末により異なります。適切なものを選択しましょう。

●ご自身で解らなければこれも現在契約中のキャリアにて確認しましょう。



□ 設定
サービス利用開始に必要なスマートフォンの設定方法を確認しましょう。
⇒ 多くの MVNO サービスは SIM カード単体での提供となっております。ご自身のスマートフォンに必要な設定を確認しましょう。
一部の MVNO サービスは、SIM カードと同時にセットで購入したスマートフォンの場合も、設定をご自身で行う必要があります。既にお使いのスマートフォン等からの設定(電話帳、アプリ等)の移行についても、お客様ご自身で行っていただく必要がありますので注意が必要です。

□ メール
MVNO サービスでは、キャリアが提供するメールサービス(キャリアメール)の提供がない場合が一般的です。
⇒ メールを利用するには、事業者が提供するメールサービス、又は無料のインターネットメールサービスを利用する必要があります。この場合、メールアドレスが変わるだけでなく、メールを送りたい相手の受信設定を変更することが必要となる場合があります。

□ サポート
サポート窓口を確認しましょう。
⇒ MVNO サービスのサポートは電話かメールが中心です。実店舗を展開する事業者は限られます。端末の故障時には、問い合わせ先が端末メーカーの窓口になる場合、また代替機の貸し出しがない場合があります。トラブルの発生に備えて事業者のサポート窓口・連絡手段を確認しましょう。(MVNO の場合は実店舗でもサポート内容は携帯電話会社と異なりますのでご注意ください。)

□ 携帯電話会社からの乗換え
引き継げないサービス等を確認しましょう。
⇒ たとえば、乗換元の割引プランやサービスポイント、メールアドレスを引き継ぐことはできません。

□ 利用開始日
利用開始日に注意しましょう。
⇒ ナンバーポータビリティを利用して携帯電話会社のサービスからの MVNO サービスに乗り換える場合、利用開始日が乗換元サービスの解約日となります。乗換元サービスの契約更新期間の前に利用開始日がきたり、契約更新期間後に利用開始日がきたりしますと解約に伴う違約金が発生する場合があります。

最後に
MVNO サービスは低廉な料金での提供を実現するため、一般的に、サービス内容には携帯電話会社のサービスとは差があります。ご自身の目的や用途をみたしているかサービス内容の違いをご理解の上、ご契約いただきますようお願い申し上げます。
 ●格安SIMは安かろう悪かろうでは無いです、ただし当然現在お使いのキャリアとはサービス及び品質が異なります。しかし、これはキャリア間でも当然ある話でドコモでは通じたのにソフトバンクでは繋がらない場所がある(当然逆もあります)等、各事業者でサービスも品質も違うのです。最高のサービス・品質が必要であればドコモ、AU、ソフトバンクがやはり一番かと思います、旅行に行き毎回スイートルームに宿泊する方はそのままで良いのではないでしょうか?
 また、キャリアメールが使えない事に不便を感じる方は乗り換えるべきではないです、自身に必要なサービスが何なのかを取捨選択しお使いになるキャリアを選択して頂く事が一番重要な事かと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿

AD